ママのこえ

親子で学ぶ日本のお正月

知ってるようで知らない?親子で学ぶ日本のお正月

わが家のお正月料理エピソードを教えて!

●毎年みんなでワイワイ作るのですが、家族のコミュニケーションになってとても嬉しいです。(さやか)

●わが家は黒豆の他に金時豆も毎年必ず作ります。自分の実家が黒豆ではなく金時豆だったので、そのレシピを教えてもらい作っていますが、子ども達は黒豆よりおいしいとたくさん食べてくれます。(匿名希望)

●実家の母親の手作りおせちがおいしいので、いつも母任せだけど去年は子どものために初めて栗きんとんを自作。子どもも夫もとても喜んで食べてくれたので、今年も作ろうと思います。頑張って田作りとかも挑戦するつもりです。(ぽんせん)

●お雑煮はシンプルに小松菜と油揚げとお餅のみ。すまし汁のような味付けでいただきます。作るのが簡単なので、結局食べ過ぎるのが毎年の常です。元旦は朝起きたら挨拶もそこそこに「餅、何個?」が母の常套句です(笑)(はぶごんた)

●パパの実家は数の子の漬け汁も手作りなので、結婚以来ずっと作ってます。(しいね)

●お正月は親戚一同が集まり、おばあちゃんを筆頭におせちや豪華料理の準備が始まります。私は買い物やお手伝いぐらいしかしませんが、いつも大変だな~と思います。(あいまま)

●お雑煮は元旦早起きして、男性陣だけで作ること。(なぎちゃ)

●伝統的なおせちには程遠いけれど、子どもが小さいうちは子どもの食べれそうなものや、おせちにちなんだ料理を工夫しています。例えば、ごぼうのたたきはきんぴらごぼうにするとか、煮しめは筑前煮にするなど。(JYJ)

●わが家のおせちは黒豆とだて巻き、かまぼこが大量に入ってます!子どもが小さいうちは仕方がないし安上がりで助かるから皆ニコニコです!(にくいため)

子どもと一緒に楽しむお正月の過ごし方は?

●祖父母のところに顔を出して、昔ながらの遊びである凧揚げやかるた、独楽など、家ではなかなかできないことをしてみると楽しいと思います。(たあくん)

●意外と羽子板が楽しい。大人も本気になる。(よっこ)

●子どもに祖父母宛の年賀状を書いてもらう。届くと祖父母が喜んでくれる。(ちぃあん)

●主人の実家で毎年餅つきをします。そのため、毎年集まるたくさんの子どもたちも楽しそうです。ついた餅を丸めて各家族に持って帰ってもらっています。(なでしこママ)

●書き初めをおじいちゃん、おばあちゃんと一緒にやったり、年賀状をお友達宛てに一緒に書いたりしています。(よっP)

●1年に1度、大晦日だけは寝ずに起きてても良いというルールにしています。それでも一昨年までは睡魔に勝てず寝てしまっていたのですが、昨年は12時近くまで起きていたので近所の神社に日付が変わってすぐの初詣に行きました。除夜の鐘も聞けました。(あっちょんま)

●お正月飾りの意味を教えて、大掃除がきちんと終わっていないと飾れないんだよと話すと一生懸命大掃除に参加してくれます。初詣は毎年色々な神社に行っているので、どこに行こうか相談する時間も楽しいです。(匿名希望)

●お正月を楽しむために年末から一緒に歌を唄ったりして気分を盛り上げてます。(笑)1年間の目標を書いたりしてトイレに貼ります。1年間トイレで目標を見るのもいいのかなぁーと思っています!(わた坊)

●やはりお正月といえば「お年玉」「初詣」「年賀状」。この3つは必須かなと思っています。それ以外に、凧揚げを手作りで作成して公園に出かけます。核家族なので、正月気分を味わう努力は子どものためにしています。(み~にゃん)

アンケート募集中

アンケートに答えて、プレゼントに応募しよう!!ギフト券(1000円分)を5名様にプレゼント!
詳しくは、プレゼント応募のボタンをクリックしてね。

【応募締切】12月23日(日)

プレゼントに応募する